出題ランキング

【2級土木施工管理技士】過去10年間の出題ランキング・土木一般編

出題ランキング
スポンサーリンク

過去にどんな問題が多く出題されていたんだろう?

Yuuki
Yuuki

過去10年間の問題から出題数の多い順番にまとめました!


この記事を読んで頂けたら
  • 問題文がスラスラ読める
    
  • 出題の傾向がわかる
    
  • 覚えるべきポイントがわかる
    
  • 参考書の代わりにもなる

読みにくい漢字には「ふりがな」を付けました!


今回紹介する分野は下の3つです!

紹介分野
  1. 土木
  2. コンクリート工
  3. 基礎工


スポンサーリンク

土 工

第1位 土工作業の種類と使用機械についての問題

土工についての出題数は4問です!



選択問題の中では出題数の多い分野になります。


土木作業の種類と使用機械も問題は過去10年間では100%は出題されていますのでかなり重要です!

どのような用途で使用するのか又どんな機械が適しているのかを覚える必要があります!


機械の種類は似たような形が多くあるので自分なりに特徴を押さえておきましょう。



(H29-No.2
【過去問1】 「土工作業の種類」と「使用機械」に関する次の組み合わせのうち、適当でないものはどれか。


答え (3) 

モーターグレーダーは道路工事における路床ろしょう路盤ろばん整地作業せいちさぎょうなどに使用します!


(H25-No.3)
【過去問2】 建設機械の走行性の良否を表す用語は、次のうちどれか。

⑴ フィニッシャビリティ

⑵ リッパビリティ

⑶ ワーカビリティ

⑷ トラフィカビリティ

答え ⑷ 

トラフィカビリティ です!


第2位 軟弱地盤における地盤の改良工法についての問題


軟弱地盤なんじゃくじばんにおける改良方法は過去10年間で5回出題されています。


他にも基礎地盤きそじばんの改良方法も多く出題されているので合わせて覚えておきましょう!

(H27-No.4)
【過去問1】 軟弱地盤における次の改良工法のうち、載荷工法に該当するものはどれか。

⑴ 深層混合処理しんそうこんごう工法

⑵ ウェルポイント工法

⑶ プレローディング工法

⑷ バイブロフローテーション工法

答え ⑶ 

プレローディング工法 です!


(H24-No.4)
【過去問2】 基礎地盤の改良方法に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ 置換工法おきかえこうほうには、軟弱地盤の全部又は一部を掘削して、良質な材料と置きかえる掘削置換工法がある。

⑵ 固結こけつ工法には、軟弱地盤の土粒子間どりゅうしかんに水ガラス系薬注やくちゅうを注入して、間隙水かんげきすいを固結させ、強さを増大させる薬液注入工法やくえきちゅうにゅうこうほうがある。

⑶ 脱水工法だっすいこうほうには、パイプと孔壁こうへきとの間にフィルター材を充てんし、水中ポンプなどで排水するディープウェル工法がある。

⑷ 表層処理工法には、軟弱地盤上に敷砂しきすなを厚さ0.5~1.2m程度に敷設しせつするサンドマット工法がある。

答え ⑵ 

間隙水かんげきすい固結こけつさせ」ではなく「地盤の透水性とうすいせいを減少させ」です!


第3位 土質調査に関する問題

土質調査に関する問題は過去10年間で4回出題されているようです。


他にも土質試験の種類や名称も多く出題されているので合わせて覚えておきましょう!

(H28-No.1)
【過去問1】 土質調査に関する次の試験方法のうち、位置試験げんいちしけんはどれか。


⑴ 標準貫入試験ひょうじゅんかんにゅうしけん

⑵ 土の圧密試験あつみつしけん

⑶ 一軸圧縮試験いちじくあっしゅくしけん

⑷ 土の液性限界えきせいげんかい塑性限界試験そせいげんかいしけん  
  
   

答え ⑴  

標準貫入試験 です! ⑴以外はすべて室内試験なので合わせて覚えて置きましょう。

        

(H29-No.1)
【過去問2】 土質調査における「試験の名称」と「試験結果から求められるもの」に関する次の組合せのうち、適当なものはどれか。


答え ⑴  

圧密試験とは粘性土ねんせいどの沈下に関することです!



コンクリート工

第1位 コンクリート工の施工に関する問題

コンクリート工についての出題数は4問です!

施工に関する問題は過去10年間で6回出題されているので重要です。

(H23-No.8)
【過去問1】 コンクリートと施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ コンクリートの打ち込みにあたっては、できるだけ材料が分離ぶんりしないようにし、鉄筋と十分に付着ふちゃくさせ型枠かたわく隅々すみずみまで充てんさせる。

⑵ コンクリートの打ち込みにあたっては、型枠やせき板が硬化こうかしたコンクリート表面からはがれやすくするため、はく離剤りざいを材を塗布する。

⑶ 高所からのコンクリートの打ち込みは、原則として斜めシュートとし、やむを得ない場合は縦シュートとする。

⑷ コンクリートの締固めは、打ち込まれたコンクリートからコンクリート中の空隙くうげきをなくして、密度の大きなコンクリートをつくるために行う。

答え ⑶  

高所からの打込は原則として縦シュートを使用します!




(H28-No.7)
【過去問2】 コンクリートと施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ 内部振動機ないぶしんどうきで締固めを行う際の挿入時間の標準は、5秒~15秒程度である。

⑵ コンクリートを打ち込む際は、1層当たりの打込高さを40㎝~50㎝以下とする。

⑶ 内部振動機で締固めを行う際は、下層のコンクリート中に10㎝程度挿入する。

⑷ コンクリートの練混ねりまぜから打ち終わりまでの時間は、気温が25℃以下で3時間以内とする。

答え ⑷  

気温が25℃以下の場合は2.5時間、25℃を超える場合は2.0時間とします!

     

第2位 コンクリートの混和材料に関する問題

混和材料こんわざいりょうに関する問題は過去10年間で5回出題されているので重要です。

(H25-No.5)
【過去問1】 コンクリートの混和材料に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ AE剤は、微小な独立した空気のあわを分布ぶんぷさせ、コンクリートの凍結融解とうけつゆうかいに対する抵抗性ていこうせいを増大させる。

⑵ フライアッシュは、セメントの使用量が節約でき、コンクリートのワーカビリティーをよくできる。

⑶ ホゾランは、水酸化すいさんかカリウムと常温で徐々に不溶性ふようせいの化合物となる混和材の総称であり、ポリマーはこの代表的なものである。

減水剤げんすいざいは、コンクリートの単位水量を減らすことができる。

答え ⑶   

ポゾランとは、シリカ質を含んだ微粉びふん状態の材料でシリカ質 混和材料です!



(H23-No.5
【過去問2】 コンクリート用混和材料の機能に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ ポゾランは、シリカ物資を含んだ粒粉りゅうふん状態の混和材であり、この代表的なものがフライアッシュである。

⑵ フライアッシュは、粒子の表面が滑らかであるため、コンクリートの材料分離が促進される。

⑶ AE剤は、微小な独立した空気のあわをコンクリート中に一様に分布させるために用いられ、コンクリートの耐凍結性たいとうけつせいが向上する。

⑷ 減水剤は、コンクリートの単位水量たんいすいりょうを減らすことを目的にした混和剤で、コンクリートのワーカビリティーを改善する。

答え ⑵  

フライアッシュの効果は下記の通りです!

  1. 長期強度の増進
  2. アルカリシリカ反応の抑制
  3. 乾燥収縮かんそうしゅうしゅくの減少
  4. 水和熱すいわねつの減少
  5. 水密性すいみつせいの向上
  6. 化学抵抗性かがくていこうせいの向上
  7. ワーカビリティーの向上及び単位水の減少


第3位 コンクリートの打込みに関する問題

打込に関する問題は混和材料に関する問題に続いて第3位なので出題確率は高いと言えます。

(H25-No.7)
【過去問1】 コンクリートの打込み及び締固めの関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ コンクリートと接して給水するおそれのある型枠の部分は、打込み前に湿らせておかなければならない。

再振動さいしんどうを行う場合には、コンクリートの締固めが可能な範囲でできるだけ早い時期がよい。

⑶ 締固めにあたっては、棒状バイブレータ(内部振動機)を下層コンクリート中に10㎝程度挿入しなければならない。

⑷ コンクリートの締固めには、棒状バイブレータ(内部振動機)を用いることを原則とし、それが困難な場合には型枠バイブレータ(型枠振動機かたわくしんどうき)を使用してもよい。

答え ⑵

「早い時期がよい」ではなくて「遅い時期がよい」です!





(R1-No.6)
【過去問2】 コンクリートの打込みに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ コンクリートと接して吸水のおそれがある型枠は、あらかじめ湿らせておかなければならない。

⑵ 打ち込み前に型枠内にたまった水は、そのまま残しておかなければならない。

⑶ 打ち込んだコンクリートは、型枠内で横移動させてはならない。

⑷ 打ち込み作業のあたっては、鉄筋や枠が所定の位置から動かないように注意しなければならない。

答え ⑵   

「そのまま残しておかなければならない」ではなく「除去しなくてはいけない」です!




基 礎 工

第1位 既設杭の施工に関する問題

構造物についての出題数は3問です!


この問題は過去10年間で9回の出題となるので要チェックです!

(H24-No.9)
【過去問1】 既設杭きせいぐいの施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ 1群ぐんの杭を打つときは、周辺部の杭から中心部の杭へと順に打ち込むようにする。

⑵ 打撃工法は、中堀杭なかぼりぐい工法に比べて施工速度が速く、支持層しじそうへの貫入かんにゅうがある程度確認できる。

⑶ 杭の打込み精度とは、杭の平面位置、杭の傾斜けいしゃ杭軸くいじくの直線性などの精度をいう。

⑷ 埋め込み杭工法には、中堀り杭工法、プレボーリング杭工法などがある。

答え ⑴  

杭群くいぐんの一方の隅から地方の隅へ打ち込んでくか、杭群の中央部から周囲に向かって打ち込むようにします!



(H26-No.9)
【過去問2】 既設杭の施工に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。

⑴ 中堀り杭工法は、一般に打込み杭工法に比べて隣接構造物りんせつこうぞうぶつに対する影響が大きい。

⑵ 打込み杭工法では、杭の貫入量とリバウンド量により支持力の確認が可能である。

⑶ 中堀り杭工法は、一般に打込み杭工法に比べて騒音・振動が小さい。

⑷ 打込み杭工法では、1本の杭を打ち込むときは連続して行うことを原則とする。

答え ⑴  

中堀り杭工法はアースオーガーで掘ってから杭を沈設ちんせつする方法です。よって、低騒音・低振動工法で、隣接する構造物への影響は少ないです!


第2位 場所打ち杭の工法等に関する問題

この分野の問題は過去10年間で8回出題されていますので重要です!



(H27-No.10)
【過去問1】 場所打ち杭の工法と掘削方法との次の組合せのうち、適当でないものはどれか。


答え ⑷  

深礎しんそう工法は、人力又は機械によって掘削を行いつつ、鋼製波板こうせいなみいたとリング枠で土留どどめを行い人力により掘削する方法と、クラムシェル型バケット等を使用する掘削方法があります!




(H29-No.10)
【過去問2】 場所打ち杭の「工法名」と「掘削方法」に関する組合せのうち、次の組合せのうち、適当でないものはどれか。


答え ⑵  

ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納された土砂を地上に排土する方法で掘削を行います!



第3位 土留め壁に関する問題

土留めで使用する部材の名称も過去10年間で2回出題されているので合わせて覚えておくといいと思います。

例えば、腹起し・切ばり・火打ちばり等です!

(H30-No.11)
【過去問1】 土留め壁の「種類」と「特徴」に関する次の組み合わせのうち、適当なものはどれか。



答え ⑵ 

問題のとおりです!



(H24-No.11)
【過去問2】 掘削時の土留め仮説工かせつこうに関する次の記述のうち、適当でないものはどれか?

⑴ 土留め壁は、土圧や水圧などが作用するので鋼矢板などを用いてこれらを十分支える構造としなければならない。

⑵ 切りばりは、地盤の掘削時に土留め壁に作用する土圧や水圧などの外力を支えるための水平方向の支持部材として用いられる。

⑶ 土留めアンカーは、切りばりによる土留めが困難な場合や掘削断面の空間を確保する必要がある場合に用いる。

⑷ 親杭横矢板おやぐいよこやいた土留め工法に用いる土留め板は、土圧どあつを親杭に伝えるとともに止水を目的とするものである。

答え ⑷ 

止水を目的としてません!


まとめ

いかがでしたか?

今回は土木一般の中の【土工】・【コンクリート工】・【基礎工】についてまとめました!

ランキング形式にしてみると出題の傾向や重要なポイントがわかったと思います!

個人的にいは、土工とコンクリート工は点数が取りやすい分野かと思いました。


日々の仕事が水道やガス管の埋設工事なので道路の掘削もしますし、お客さんの敷地内の工事ではコンクリートの補修までします。

そのように自分で携わったことがある内容だと頭に入りやすくなるでしょう!


出題頻度が多い問題を中心に勉強しても合格ラインに十分到達するので繰り返しの学習をおススメします!


余裕を持って学習できる!

サポートも充実しているユーキャンの教材もおすすめ!


LINE@限定・経験記述書き方まとめ集【安全管理・品質管理・工程管理】

土木施工管理技士と言ったら経験記述が1番の難関ではないでしょうか?

経験記述と言っても最初は「どのように書けばいいか分からない。」って方が大半でしょう!

このプレゼントはそんな悩みが少しでも解消できるような内容になっています!

ぜひ一度見てください!

経験記述書き方集
2級土木と言ったら経験記述が1番悩ましい問題でしょう!この商品はそんな悩みを少しでも取り除ける内容となっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました